身体・精神的苦痛

どんなに自分が普段から気をつけていても、不意に訪れるのが事故です。
そして交通事故の場合には、時には自分が人身事故加害者になったり、人身事故被害者になったりもします。


人身事故により怪我をしてしまった場合には、まずは元の身体の状態に戻るよう治療に専念すべきですが、仕事や家事やその他、色々なケースがあるため、一概に治療だけに専念するのは難しいかもしれません。
また治療費が経済的負担となって治療を断念することもあるかもしれません。
しかし大事なたった一つの身体です。
治療は早ければ早いほどよく、もし不具合な場所があれば必ず身体は悲鳴を上げ、苦痛になってしまいます。
そうならないためにも事故後の治療は大切です。


また外見的な怪我は自分や他人もすぐに見ればわかりますが、身体の内部、例えば神経系については自分自身にしか苦痛がわからず、他人も理解できない痛みです。
また身体だけでなく精神的にも苦痛が残る場合もあります。


治療を続けた結果、身体が元の状態に回復し完治することが一番です。
しかしどうしても症状が残ることがあります。
どんなに治療法を変えても症状が回復せず、これ以上治療を続けても症状の回復が見込めない状態もあります。
そういった回復せずに残ってしまった症状を後遺症と言います。
後遺症の判断は主治医が医学的に判断することです。
しかし自分の身体を一番に知るのは自分ですから、症状については主治医とよく相談し判断してもらうことが必要となります。


[管理人推奨外部リンク]
交通事故による後遺障害について法律家の専門チームが無料相談に乗ってくれるサイトです・・・交通事故 後遺障害

Copyright © 2014 症状改善に向けて All Rights Reserved.